スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜の季節になっても残っていた沈丁花

沈丁花

咲き始めに描けなかったので諦めていたらまだ少し咲いていた。
白い方も一緒に分けてもらえたので今回も影を入れて花びらを作ってみた。
もうすぐ咲き始める紫陽花もこんな感じで描けばいいのかなあ。

もう少し葉っぱを背景になじませたかったけれど濡れている間に色付ける所が多くて
自然にぼかしや滲みができなかった。

沈丁花の香りは寒い時の方がわかりやすい。
スポンサーサイト

おしゃれな赤い自転車 植木鉢も珍しい赤色

靭のカフェ

靭公園の向かいにあるおしゃれなカフェは南からの日差しが眩しかった。

以前はハンギングされた沢山の花で飾られていたカフェが
今風なおしゃれな観葉植物を壁に這わせた外観に変わっていた。
真っ赤な自転車と初めて見る赤い植木鉢もお店の雰囲気によく合っている。

今回は建物が傾かないよう縦の線に定規を使った
自分で書けるのが一番いいけれど困ったときは慣れるまで
頼りながら練習しようかなと思ってる。

一番大変だったのがポイントになる自転車 何回描いてもタイヤがおかしくなり
タイヤだけを別の紙で何回も練習してみた。 楕円形??? 難しいな

プラタナスの実 意外と硬い

プラタナスの実

教室でもらってきたプラタナスの実
ふわふわの綿毛が飛んでいくと こんな硬い実が残るのを初めて知った。
何個もある表面の穴を黒くするはずが滲んで反対に白くなってしまった。

凸凹したものは表現が難しいなあ。

浮き玉 透明感難しい

IMG_9483.jpg

送ってもらった貴重な写真から浮き玉を練習してみる
後から加える色はもう少し濃いほうがいいかな・・・

丸い形を描くのもなかなか難しい 

浮き玉

乾いてからもう一度濃い色加えてみる
濃い色があって明るい色が引き立つ!
いろんなことにとらわれすぎず
のびのびと書いて色の変化を楽しもうと思った。

寒さを乗り越えて咲いたガーベラ

IMG_9481.jpg

ガーベラの中で一番好きな色。
寒かった冬は青々とした葉っぱと蕾だけだったのがようやく咲いてくれた。
夏場より茎は短く葉っぱは分厚いけれど 花の色は濃い
切花にするの惜しいので植木鉢の前で書く

たくさんの花びらを一枚ずつ書かず影色だけで雰囲気出せないものかと初めての試み。
この季節のガーベラは長い間咲いていてくれるので絵に書くには助かる。

滋賀のケーキ屋さん

滋賀のケーキ屋さん

滋賀で一番美味しいチーズケーキと評判の店に連れて行ってもらった。
テラス席もありこれからの季節はのんびりティータイムを楽しめそうな
素敵なお店だった。

お店の中の壁には何枚かの水彩画も飾ってあり
リラックスした時間を過ごせた。

手前の壁の線が斜めになり傾いてしまうし 入口のアーチもちょっと変
やっぱり建物は難しい 

春キャベツ 三原色で丸物まだ練習してます

春キャベツ


明るい所 中間 暗い所 を意識して描いたら植物画っぽくなってしまった。
細すぎないようにキャベツの芯の部分出すのは難しいかも。

サインも少し変えてみる。

京都で見つけた変な店

変わった店


三条大橋から平安神宮へ行く途中で目にとまった変わった店。
錆び付いたトタンには ピニa食堂 と書いてあるが営業しているのかどうかもわからない雰囲気。
入口や窓にはカーテンというより白い布がかかっているだけ
簡単スケッチで仕上げてみた。

バイクはタイヤの大きさとか向きが上手く書けなかった。
苦手なものに乗り物が加わった気がする。

大好きな花 マーガレット

マーガレット2

自主学習会で菜の花と並行して書いたマーガレット
花びらはマスキングで 
好きな花だけど 細かくてこんなにたくさん咲いているのを描くのは初めて、
背景の色変える勇気なくていつも使う色になってしまった。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。