師走の椿

師走の椿

子供達も遊んでいない師走の公園の隅っこで見つけた椿
落ち葉も風で飛ばされて殺風景な公園の中で目に付くピンクの花がかわいい

久しぶりにアルシュで書いた 少しは慣れていたはずなのに・・・


早めに年末の用事を済ませて何とか一枚描けたけれど
明日からは時間取れそうにないなあ・・・
スポンサーサイト

瀬戸内育ちの甘いみかん

瀬戸内育ちの甘いみかん

田舎の親戚からみかんが届いた。
瀬戸内海の小さな島、家からは正面に小豆島が見える
島の裏に回れば高松の屋島も見えるし鳴門大橋も少し見える。

皮が薄くとても甘い 大阪で住むようになってこのみかんより甘いのに
出会ったことがない。

両親が作っていた頃を思い出す懐かしい味でもある。

日毎に葉っぱが少なくなる桜の木

木枯らしの前

 
大きなマンションの前にある小さな空き地にある桜の木
ソメイヨシノが咲き終わる頃
緑の葉っぱの間に白い花が咲くので近くに行かないと桜とはわからない。

秋になってもソメイヨシノのように赤くきれいに紅葉せず黄色や茶系に変わる。
日毎に葉っぱも少なくなり枝ばかりになってきた。

後ろのマンションを描かずイラスト風に描いてみたかった。

二、三年後にはこの空き地から木津沿いに遊歩道ができるらしい
またひとつスケッチ場所が増えるかなと楽しみにしている。

セピア色の八塔寺 水墨画のイメージだ~

セピア色の八塔寺

初めて一色で風景を描いてみる
スケッチ旅行の八塔寺は茅葺き屋根があるので水墨画ぽくなってしまう。

一色だと水の量が多すぎる癖がよくわかった。

不作に終わった二十日大根・・・

二十日大根


秋に種を蒔いて毎日楽しみに水やりしてたのに・・・
二十日経っても一ヶ月過ぎても丸い二十日大根は出来ていない
とうとう二ヶ月過ぎて冬になってしまった
赤くて丸い大根を描く為に育てたけれど諦めて収穫(;- -;)

サラダは無理でもお漬物に出来るかな
春になったらもう一度植えてみよう(o^^o)♪

宝塚花のみち(木漏れ日4枚目)

宝塚花のみち(木漏れ日4枚目)


駅から宝塚劇場へ続く花のみち
春に来た時には桜が満開で四季折々いろんな花が咲いていて楽しめる道になっている。

朝の眩しい日差しの中 劇場へ向かう親子連れが微笑ましく
同じように杖を使った母親と出かけた時の思い出が蘇って来た。

小さい子供を連れた親子連れを見るのも好きだけど
年老いた親を気遣いながらの親子連れも温かい気持ちになる。

ガーデンへの道と花の道との間(朝の木漏れ日3枚目)

ガーデンへの道 木漏れ日3枚目

天気のいい朝だったのであちこちに木漏れ日が一杯だった。
ちょうどこの建物の裏が前回の駐車場の木漏れ日の場所になる

石垣の上にもできた影の表現が難しい
初めて壁にできた木漏れ日に挑戦

宝塚ガーデンへの道 (朝の木漏れ日2枚目)

ガーデンへの道

落ち葉もきれいに掃除されて木漏れ日もはっきりと映っていた駐車場
ケヤキの紅葉と屋根瓦が良く合っていた

いろんな木漏れ日の練習は面白い

朝の木漏れ日 (宝塚ガーデンのカフェ)

ガーデンのカフェ


久しぶりに木漏れ日を描いた。
先日行った宝塚ガーデンの入り口付近にあるカフェ
ソフトクリームの置物がなければカフェだとは気が付かないだろうな

朝の柔らかな日差しで地面にはいろんな模様が出来ていた。
手前の木は葉っぱが全部落ちていたので枝だけ書くのが難しく枝ぶりも単調すぎた。

八塔寺で見つけた花の淵だけピンクの綺麗な山茶花

IMG_8540.jpg

真っ白い花かと思って近づくと花の淵だけが綺麗なピンク色だった。
花びらの区別をどう付けていいものやら・・・

初めて3原色で花を書いてみたけれどやっぱり色作り難しい

宝塚ガーデンフィールズ紅葉真っ盛り

ガーデンの紅葉 3


次回のスケッチ会は参加できないので最後のガーデンになるかもわからない。

箕面の紅葉も綺麗だったがガーデンもたくさんの木が紅葉していて
とても綺麗だった。

トレードマークのこの入口を描こうと決めていたので
石垣に張り付いている蔦も紅葉していてワクワク気分で描き始めたが
いつも通りまた細かくなってしまった。


後ろの黄色く紅葉したモワモワとした木がうまく滲んでくれたのはラッキーだった。

車窓からの風景3枚目  (八塔寺近くの民家)

車窓からの風景3

車窓からの風景最後の3枚目

普段コンクリートのビルばかりの中で生活していると
こんな 何でもない田舎の風景にすごく癒される


手前の田んぼやあぜみ道が納得いかなくて修正してみたがイマイチかな
写真から描く時どうしてもそのまま描いてしまうけれど工夫することも必要だった。


車窓からの風景3-2