車窓からの風景2枚目 (八塔寺への道中)

車窓からの風景2

川が出てくるのを待っていても 幅が広すぎたり 周りに何もなかったり
この場所は川の水は少なかったけれど橋が架かっていたので迷わず写したもの

秋の山は難しい どうしても同じような色使いになってしまう。 
スポンサーサイト

車窓からの風景 一枚目 (蒜山)

車窓から秋の風景 蒜山

バスに中からの一枚目 
バス旅行の楽しみの一つは窓の外に広がる季節を感じる風景。 

目線が高いので遠くの景色までよく見えるのでパチパチと撮していく。
いいタイミングで絵になるのはほんの数枚。

気に入った写真の中から
蒜山の山の色を思い出しながら描いてみた。

蒜山高原の落ち葉 (カエデ)

草原の落ち葉 蒜山


蒜山の宿舎の前に広がっている原っぱは歩いていてもふかふかして気持ちが良かった。

緑一面の中に落ちていたカエデの真っ赤な葉っぱはすごく目立っていたので

下草のオオバコやクローバーをぼかして描いてみる。

山の中なので朝露でなく 寒くなった今は霜が降りているかもしれないなあ~

紅葉の箕面 山本コーヒー館辺り

紅葉の箕面 山本コーヒー館

天気もよく見事な紅葉に気持ちもハイテンション。
待ち合わせの場所の横で暖かいヨモギ餅が売ってあったので
つい買ってしまった。

せっかく来たのだからと近道の急な山道を大滝までハイキング
降りてきて絵を書く時には丁度お昼になってしまった。
慌てて 1時間半くらいで仕上げなければいけないので
平筆で書いていくも 時間切れ
残りを家で仕上げたが 手を入れすぎてしまった気もする。

土手に咲いていた小さな花  蒜山

朝露に濡れた花2


素晴らしい日の出を見た後土手で見つけた小さな雑草

いい具合に空が入ったので面白いと思い
初めてこの角度で花を描いてみた。

周りに生えている草をどう描いていいのか悩んでしまい
細かくならないように滲みとぼかしで仕上げた。

カメラの使い方を教えてもらい 夜の蛍光灯でも何とか自然光に近く撮せるようになった
これで夜でもアップ出来るかな(^O^)

はがきサイズでイラスト風も楽しい!

IMG_8210.jpg
IMG_8209_20131121075650abd.jpg
IMG_8213.jpg


小さい額用に同じモチーフを気楽な感じで描いてみた。

これ久しぶりだけど 描いていて楽しい。

一緒にもらった里芋は 皮だらけ!

里芋の小芋

貰った中で一番日持ちするかなと思い最後に描いてみた。

親芋は皮だらけで大きな塊で絵にするにはまだ自分の力不足なので
まずは初めての里芋は小さいのから(^O^)

皮の感じをドライブラシだけではおかしいし
縞模様を残しながらのモコモコ皮は思ってた以上に難しかったけれど
皮の表情が色々あるので おもしおい題材だと思った。

採れたて人参  料理する前から人参の匂い!!!

採れたて人参1


レモンと一緒に頂いた採れたて土付き
こんなにも人参をじっくり見たのは初めてだ

いつもなら葉っぱもつい細かく書いてしまう所
ざっくりと描く練習

レモンを使って新鮮人参サラダ出来そうで嬉しい(^0^)/

黄色くなったレモンも 描いてよ!

黄色くなったレモン (2)


ひと月前は青かったレモン
 
”黄色くなったのでまた描いてよ!” とまたまた葉付きでもらった。

黄色くなると少し小さくなって水分も減っているらしい。
味の方も酸っぱさは少しマシになったかな

青いレモンより薄く書いたので背景の色もわかりにくくなってしまった

色付いた山道 八塔寺

色付いた山道

水車小屋の裏山を登った所に奥に続く山道があった
ここ数日の寒さで山の紅葉も一段と鮮やかになっているだろうな

LEDの光の下では秋色が上手く出なかったので前回の茅葺きと写真の取り方を変えてみた


自然光で撮したもの やっぱりこれが一番良かった

八塔寺の秋



八塔寺 壊れかけの茅葺き

八塔寺苔だらけの茅葺き2


水車小屋の裏山を登った所にぽつんとあった 
柱だけの小屋で屋根は苔だらけだった。

壁もない小屋何に使われたんだろう

モノクロの練習 りんごが???(泣)

IMG_7811_20131111210349634.jpg

どう見てもりんごに見えない ちょっと下の方が丸すぎたかな


IMG_7815.jpg


下の絵は石ころの練習をした時 
丸い果物なら書けるかなと思って見慣れたりんごを描いてみたが・・・

触り過ぎたし 絵の具の色も濃すぎた

水の量と色を加えるタイミングが難しい

まだ練習は始まったばかり そのうち慣れるかな 

行ってみたかった八塔寺 茅葺き集落

八塔寺の茅葺 (1)

二日目は感動的な朝日を皆で撮影して八塔寺に向かう
朝露から上がる水蒸気で牧場一面幻想的なモヤが出ていたので
今日は暖かくなるだろうと思いバスに乗った。

昨夜の講評を頭に浮かべて山はぼかしで塗ってみた
初めて描く茅葺き屋根 もう少し変化付ければ良かったかな

山のぼかしの色が秋らしくないような気がするけれど
これ 春の新緑の山に使える! と新しい発見があった。



夕日の影に惹かれた蒜山の白樺

蒜山の白樺

スケッチを始めた時から強かった風  
一枚目出来上がったが寒いので写真だけでもと思いうろうろしていると
まだ頑張って描いているrokoさん達がいた

いい具合に風も止み 用意されたようにテーブルと椅子
夕御飯までまだ時間もあったので
rokoさんと同じ場所から白樺の木を簡単スケッチ

夕日の影が伸びて素敵な場所だった。

楽しかった秋の蒜山高原

秋の蒜山高原

ならざき講座のスケッチ旅行に初参加。

会社に休暇を出すのに気を使ったけれど 最高の天気に恵まれ
たくさんの仲間とのスケッチ三昧の一泊旅行はとても楽しかった。

先生からの講評もとても有意義な時間で参考になることばかりだった。

遠くの山の稜線はぼかすことは出来る様になっていたけれど
目の前の大きな山は近くなのでそんな事意識せずはっきりと描いてしまった。
先生が稜線をぼかした下さって近くの山でも遠近感が出たのには驚いた。

指摘を頂いた目立ち過ぎの赤い屋根の色を直して完成とした。

出発の準備は見ていてもワクワクする

出発の準備

2泊3日で社員旅行!
座席が窓際だったので 目の前の飛行機を見て記念に一枚
出発前荷物を積み込んでいる飛行機を見るのが面白い。

空も曇っていたので少ない色で描くのはメリハリ付けにくかった。